• SHISHUMANIA

2018仕事納め(DDT年越しプロレス竹下幸之介選手特攻服)

最終更新: 2019年1月2日


 2018年ラストの仕事は、DDTプロレス竹下幸之介選手の特注特攻服の刺繍ご依頼でした。

 12月31日のDDT年越しプロレスで着用頂けきました。優勝おめでとうございます。


今回の投稿は、刺繍制作の流れを簡単にまとめてご紹介させていただきます。






(1)下書き

 カーボン紙を敷いて下書きをします。

制作で一番大事な作業は下書きです。

 

 完成後のイメージをしっかりと頭の中に作り、丁寧に下書きをします。



 今回はワインレッド特攻服のご指定でした。

 デザインは自由にやらせて頂けたので、ヤンキーっぽくならないように作ることをテーマに、黒糸・銀糸メインで渋めに作らせて頂きました。


 



(2)刺繍

 生地を刺繍枠にをはめこんで刺繍していきます。


 

 虎は黒、白にグレー3色の計5色で刺繍しています。




 得意で好きな柄なので、刺繍時間3時間くらいで完成しました。

 

 色が少ないので早く刺繍できました。












 後ろ身頃の甲冑は厚みを出すために、兜部分のみ、別生地に刺繍してから貼り付けています。

 虎と同じく5色で刺繍しています。



 

 縫う前にどれだけ完成をイメージして刺繍できるかが鍵になります。



 できるだけ厚く刺繍しないように注意しながら縫い、グラデーションを再現します。



 頭の中でイメージが完璧にできていないと難しいです。





 ずっと甲冑を刺繍してみたかったので、念願の第1作目です。

 

 実は、江戸時代の当世具足を持っています。いつかやってみたいと思っていました。

 面頬フェチです。シワ、口の開き具合、ヒゲ、大きな鼻の迫力がたまりません。

 戦国時代にタイムスリップして実際の着こなし、劣化していない当時の色をみてみたいです。


 兜は熊毛、垂は魚鱗、前立ては竹下選手に因んで竹の紋にしました。

 垂は魚鱗の欲張りセットです。陣羽織はノーマルです。

 陣羽織を着ると迫力が出て、また一段とかっこよく見えます。



 刺繍時間は、兜で6時間、体で4時間くらいかかりました。












(3)完成

 12月30日、竹下選手が受け取りに来てくださったので、マイ甲冑と一緒に写真を撮って頂けました。

 実は28歳の誕生日でした。

無事完成してとても嬉しいです。


 さっきまで試合をされていた竹下選手、体の傷がとても痛そうでした。

明日も試合なんて信じられません。

 

 








 3Lサイズの特攻服だったので、甲冑を大きめに刺繍しておいてよかったです。

筋肉隆々の大きな背中にマッチします。

 















 竹下選手、12月31日のDDT年越しプロレスで優勝されました。

おめでとうございます!!

 

 熱い胸板に似合いますね〜





 甲冑シリーズはスカジャン、額縁で刺繍して来年展示会をする予定です。



2018年ありがとうございました。

2019年もよろしくお願いします。












#DDT #DDTPRO #DDTプロレス  #プロレス #横振り刺繍 #特攻服 #竹下幸之介 #横振り刺繍 #刺繍 #甲冑 #当世

490回の閲覧

2020.1.23~

2018.1.1~